映画『コンフィデンスマンJP』に竹内結子がゲスト出演すると聞いて喜ぶ!

フジテレビ『スキャンダル専門弁護士QUEEN』が最終回を迎えた。竹内結子、氷川あさみ、斉藤由貴、中川大志、バカリズム…個性的な役者さんが並び、今期のドラマの中ではダントツでお気に入りだったのだが…どうも視聴率は振るわなかったらしい。面白かったんだけどなぁ…。

 

ひるねこは竹内結子が大好きだ。というのも、初めて彼女を見た時にその演技に引き込まれて…その後ずっと彼女に魅せられているのだ。

ひるねこに衝撃を与えたドラマは1998年7月〜9月に日テレ系で放映された『凍りつく夏』だ。

室井滋演じる弁護士が佐野史郎演じるエリートと再婚するのだが、佐野史郎は家庭内で子どもたちを虐待していて…彼の家庭がなかなか闇深く…ちょっとぞっとするようなストーリーだった。

その、かなり闇深い末息子の同級生役が竹内結子だったのだ。おかっぱ頭のあどけない顔をした竹内結子が、ビルだの屋上から飛び降りて自殺する。飛び降りる前に、これまた幼い表情の末息子役藤原竜也ににっこりほほえみかけて、楽しそうに飛び降りるのだ。確か彼女が出てくるのはこのシーンだけだったと思うけれど、その笑顔が艶やかで妖しくて…忘れられない。当時はあたしも小娘だったけれど、まだ10代だった幼さのな残る竹内結子の妖艶な表情が目に焼き付いている。

今思えば、竹内結子と藤原竜也…演技派の2人が幼い日に共演していたんだね。きっとその頃から、才能が見抜かれていたのだろう。その時からの刷り込みなのだろうか…竹内結子を見ると、次はどんな演技をするのかとワクワクする。

登場するだけで…そこに居るだけで、ワクワクと心が揺れて目が離せなくなる…そういう雰囲気は誰でも持っているわけではなくて、きっとそれこそが、良い女優さんの条件なのだと思う。

 

さて、そんな竹内結子が今年の5月17日公開の映画『コンフィデンスマンJP』に出演する!

ご存知昨年の4月〜6月に放送されたフジテレビ月9ドラマの映画版である。(←ドラマ版は4月5日までFODで無料配信中だ!)

f:id:hirunekotan:20190319154729j:image(映画『コンフィデンスマンJP』制作委員会公式HPより)

竹内結子は『香港マフィアの女帝ラン・リウ』役。ポスターのビジュアルが謎めいた香港マフィアの女帝になりきっていて流石!広東語を喋る設定だそうで、どんな仕上がりなのかワクワクする。

登場するだけでワクワクするという名役者なら長澤まさみも、小日向文世もそうだし、ドラマ版第1話にゲスト出演した江口洋介も出演するそうだ。映画の公開が待ち遠しいなぁ!

そして映画公開の翌日、5月18日には新作のスペシャルドラマが放送されるそうで、こちらも楽しみだ。(←こちらは日本が舞台の『運勢編』だそうで、おそらく竹内結子は出演しない…)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です